top of page

占いは「命・卜・相」3つの種類


世間に出ている「占い」といわれるものにはさまざまな種類があります。大きく分けて「東洋占術」「西洋占術」に二分化され、2つには多くの共通点があります。

「東洋占術」の分類は「命・卜・相・医・山」ですが、一般的には「命卜相(めいぼくそう)」といわれ、


命:生年月日を主体にして運命を推しはかる占い

  主に「四柱推命」「九星気学」「紫微斗数」など

卜:偶然に現れた事象や数字などから、吉凶消長を占うもの

  主に「タロットカード」「断易」「筮竹」「オラクルカード」など

相:形あるものから状態を推し量る占い

  主に「手相」「顔相」「姓名判断」「家相」など

この「命卜相」を3つ使うことを、「三点法」といい、色んな方向性からの占いをすることでより詳細な占い鑑定ができるといわれています。


北原塾ではこの占い「三点法」を「総合鑑定学」として学ぶことができます。すべての方向性からの占断は、より高度で深い解釈となり、深い学問として設立当時からの教えとなっております。


ぜひ、みなさん一緒に「総合鑑定学」を学びましょう!

記事リスト