top of page

手相は、古代から研究されていた学問です!ギリシャ時代の学者、アリストテレスやプラトンも!



手相ってどんな占い?


古代から研究されていた学問です。

起源は3000年前のエジプトに文献がある他、ギリシャ時代の学者、アリストテレスやプラトンは手相に関する著書を残していて、古代から研究されている学問の一つなのです。






さて手軽な占いの一つで知られる「手相占い」は、皆さんご存じの通り、掌の形状や刻まれた線の長さや太さをみて運勢鑑定をする占いです。


手相を見るときは「丘」が重要!


手相は手に刻まれた線だけで見ると思っている方が多いと思いますが、実は「丘」がとても重要です。



」とは掌のふくらみで、9つあり一つ一つに全て意味があります。

手相の線が、どの丘から始まっているか、向かってい

るかで、その人の志向する始まりと方向性がわかるんです。



また、手の出し方から指の形などだけでも、パッと見ただけで、その人の性格の一部分を推測でき、道具を使わない占いなので、日常の人とのコミュニケーションツールとしても有効活用できる、手軽な占いです。


北原塾の手相学はとても深く詳しい内容になっています。ぜひ一緒に学びませんか。





手相学開講の日程は、公式ラインにて配信いたします。